強化繊維複合材成形

コンポジット成形のアドバンテージ
  • 短いサイクルタイム、大量生産に最適
  • 低温、高温(400℃まで)への最速で到達
  • 金型のプリヒートが不要
  • 表面加飾の品質向上
  • オートクレーブ工程削減か可能
  • 全ての熱硬化性、熱可塑性材料に対応

 

成形プロセスの紹介ビデオです>>

 

technologies_composite-processing_topSurface_00 technologies_composite-processing_topSurface_01 technologies_composite-processing_topSurface_02

 

technologies_composite-processing_complex_shape_03 technologies_composite-processing_complex_shape_04 technologies_composite-processing_complex_shape_05 technologies_composite-processing_complex_shape_06 technologies_composite-processing_complex_shape_07 technologies_composite-processing_complex_shape_08 technologies_composite-processing_tube_00 technologies_composite-processing_tube_01 technologies_composite-processing_complex_shape_00 technologies_composite-processing_complex_shape_01

 

technologies_composite-processing_HighSpeedRTM_04 technologies_composite-processing_HighSpeedRTM_00 technologies_composite-processing_HighSpeedRTM_01 technologies_composite-processing_HighSpeedRTM_02
technologies_hybrid_diaporama_00 technologies_hybrid_diaporama_02technologies_hybrid_diaporama_03 technologies_hybrid_diaporama_04

The technologies

technologies_composite-processing_cage-system
technologies_composite-processing_3iTech
プラスチック射出成型 部品デザインやサイクルタイムの要件に応じて利用するシステムを選択します
ケージシステム 3iTech
主な構成 金型外辺に設置されたインダクタによる金型表面加熱 Internal Integrated Inductors
加熱の状態 金型が閉じる直前から加熱する キャビティ直近の金型に内蔵されたインダクタによる加熱
加熱の制御 金型が閉じる前の状態から可能 常時可能
加熱温度 400℃もしくは400℃以上も可
金型加熱設定 両面金型 - 同じ温度で設定 片側または両面とも同じ金型温度設定
両面 各々異なる金型温度設定
局部加熱温度設定
入力電源 50KW~500KW 15KW~500KW
金型要件 すべての磁性鋼
冷却 デザインに応じた冷却システム設計が可能
加熱および冷却性能 15℃ - 20℃以上/秒の加熱が可能
5℃ - 10℃以上/秒の冷却が可能