STORY No.2 DEKKO社(米国)のネットワークボックス向け、塗装及びフィルム加工工程を削減した高光沢カバーを実現

HD STORY No.2

DEKKO社(米国)のネットワークボックス向け、塗装及びフィルム加工工程を削減した高光沢カバーを実現

どのように開発が始まったのか

お客様の要望は、Ashley Duo、Ashley Trioの製品ラインに美しい光沢と
スタイリッシュさを兼ね備えたプラスチックカバーを製作することでした。
課題は美しい光沢のために、如何にウェルドラインや表面の成形不良を除去し、パーツの塗装レスを実現するかにありました。
hdpastics-dekko-how-it-all-started

1st-achievement
1つ目の達成

光沢のあるケース用金型

RocToolは技術が最大限いかされるよう、プロジェクトの様々な場面においてDEKKO社と共に開発に取り組みました。
ポリカーボネートがウェルドラインの無いハイエンドで光沢のあるプラスチック表面を作ることのできる素材として利用され
ロックツールの技術により品質課題が解決されました。

dekko-molding-glossy-casing-1dekko-molding-glossy-casing-2

2nd-achievement
2つ目の達成

様々な色のオプション

DEKKO社の製品はビジネス環境でも使われており、顧客の使用環境、ミーティングルームや各種装飾に適した色のカバーを作り出すことを望んでいました。
このため、同製品のデザインに対してRocTool技術を用いることで、比類まれな多様な色のラインナップの製作を可能にしました。

dekko-different-color-options-1dekko-different-color-options-2

FEEDBACK FROM DEKKO

DEKKO社(www.dekko.com)プログラムマネージャーのJerry Zawadzke氏は「私どもは、RocToolチームより
プロジェクト全体を通じ技術サポートを得て大変満足しております。RocToolは製品の誘導加熱適合性調査および製品デザイン考察は勿論のこと、
金型設計デザインとその製作、そして量産とあらゆる面で我々のパートナーとして取り組んでくれました。
わが社の全部署を通じてよいパートナーを組むことができました」と述べています。